2118588.jpg

先週、手元に届いた「Priori2」
価格は新品で10800円。

やりくりの都合上、一万円台で、アンドロイド4.0以上のスマホを探していました。
あまりにも安くて、びくびくしながらのオーダーでしたが、

実際に使ってみると、ライトユーザーの私には十分満足できる機種でした。

priori2の特徴

スペックはこんな感じ↓
priori2-3.jpg

priori 2には3G専用機とLTE対応機があります

私が買ったのは3G専用機。(LTE対応機だと税抜き17800円)

priori2の特徴はSIMカードを2枚挿入できること。

3G専用機では標準SIMとmicroSIMを一枚ずつ入れられます。(LTE対応機だと2枚ともmicroSIM)
そのため海外渡航時には日本のSIMと現地のプリペイドSIMなどを併用(同時待ち受け)できますが、

日本国内で使用できるのは片方のSIMのみで、設定から切り替えて使うようになっています。

xperia so-02cから乗り換え

 

いろいろ考えて、携帯とスマホの2台持ちに変えたのが今年の5月

IIJmioのデータSIMを利用しています。
主人が放置していたxperia so-02cをくれたので、
とりあえずスマホはそれで済ますことに・・・。

スポンサーリンク




ネットでググってみればすぐわかりますが、

xperia so-02c はなかなか難しい機種です。

メモリが少ないのに最初から入っている消せないアプリが多すぎです。

何から何まで消しまくっても使えるメモリ量は90M程度。

使いたいアプリは入れられません。

Wi-Fiと通信事業者のアクセスポイントの切り替えも

スマホ新参者にとってはなかなか厄介です

パスワード管理のアプリを入れられないので、

データ量をどのくらい使ったかを確認するためのパスやIDを打ち込むのも

いちいちメモを見て、ちょこちょこ打ち込まなくてはなりません。

ついにはネットに接続するのがめんどくさくなって、
xperia so-02cはいつも家にいて、クーポンメール受信専用スマホになりました。

「priori2」を使ってみて

 

SIMカード

xperia so-02のSIMカードは標準サイズ。

「priori2」は標準SIMもmicroSIMも入れられる構造でしたから、

SIMカードのサイズ変更の必要もなく、

xperia so-02のSIMカードを差し込むだけでOKでした。

アクセスポイントの設定

IIJmioの設定も最初から入力されていて、ラジオボタンをタッチするだけ。

Wi-Fiとアクセスポイントの切り替えも指をすべらすだけでOK 。
月々のデータ使用料もアプリを起動させるだけで確認できます。

ややこしい操作は何にもいりません。

楽ちんです。

メモリ

トップに出ていたアプリは二枚のSIMカードの切り替えとデザリングのアイコンだけ。

とにかくすかすかの画面に嬉しい違和感を覚えました。
空きメモリは5G以上。

アプリも自由に入れられます。

もう、何も言うことはありません。

文字入力

priori2」には日本語入力ソフト「FSKAREN」が入っているのですが

これがガラケーユーザーの私には実に使いやすい。

変換も簡単。

反応はあまりよろしくないし、変換の時は元所有者の主人も聞かれても答えられない

xperia so-02の文字入力の不便さに比べれば、なんて快適なんだろうと思います。

USBデザリング

USBデザリングを3時間ほど試してみましたが、

ネット検索、メールの送受信、地図表示などは何の問題もなし。

パソコンから電力供給ができるので、この点も安心。

本体は若干、熱くなるけれど、

一定のところまでいくとそれ以上には熱くはならない感じでした。

docomo系MVNOとdocomoの白ロムの組み合わせではテザリングが出来ない

(xperia so-02は可能らしい)

というのは聞いていたので、

「priori2」を見つけるまで、docomoのスマホを探していた私には、

一挙にお得感がUPした感すらありました。

口コミで心配だった点

心配していた、アマゾンの口コミにあった、充電の差し込み口は何の問題もなし。

タッチパネルの反応がよろしくないとの口コミも多いのですが、

縮小の際のもったり感はありますし、
タッチしたところと全然違うところのリンクが開いてしまうのはありますが、
今のところ、それほどの我慢も強いられないですむレベルです。

(使用して、数ヶ月後に出てくるケースもあるようなので、ちょっとびくびくしてます)

「priori2」はライトユーザーには高コスパなスマホだと思う

xperia so-02の時には、あまりにも制約がありすぎて、

格安SIMのありがたさは、実はほとんど感じませんでした。

「priori2」が来てからは、スマホは携帯するものになったし、

格安SIMが本当にいいものだと感じられるようになりました。

もちろん、これは私がライトユーザーだからで、

何よりも低価格で、コストパフォーマンスがよいものをというのが

最も大事な条件だったから。

ヘビーユーザーであれば、価格コムに寄せられている口コミのように、

かなり厳しい意見を持つのではないかと思います。

それでも、私のような主婦や高齢者、学生などには

十分なスペックだと思うし、使い勝手も良好。

ライトユーザーにはなかなか嬉しいスマホといえると思います。