blue-sky.jpg

ソルトウォータークレンズはつらかったけれど、
マスタークレンズのそのほかの部分はさほどつらくはありませんでした。

力仕事をするのには、ちょっとエネルギーが足りない感じがあったし、
ある一定の強度の反復運動をするにはつらいものがありました。

けれど、レモネードはそこそこ美味しかったし、
何より身体がとても軽くて爽快だったし、気持ちもよかった。
それは断食のためにハイになっていたのかもしれないけれど、
あの身体の感じをもう一度手に入れたいという思いでいます。

便秘とはおさらば

実のところ、一年前にキャベツダイエットに失敗して以来、便秘がちになって、
何をしても、以前のような<ズルッ>っという気持ちのいい排便がなくなって、
どうしたものかとずっと思っていました。

それがマスタークレンズを終わってから、そこまでの快便ではありませんが、
毎日、ほぼ複数回の排便があります。
それも一度に中くらいのバナナが1本分くらいの量が・・・。

1回しかないときには、水洗トイレの水だまりが埋まるくらいお出ましになります。
その後のお腹の軽いこと♪
お腹になかなかのものを抱えていたことを実感します。

スポンサーリンク




お腹の古い手術跡が開きそうな感覚が・・・

そして、とても奇妙なことがひとつ。
マスタークレンズのせいというのではなく、
こうした<断食系のデトックス>と関係するのではないかと感じたことがあります。

30年前、虫垂炎の手術をしました。
見つけてもらえず、病院を転々として、結局ひと月放置。
その間、高熱と嘔吐と腹痛で、ほぼ飲まず、食わず、眠れず。
幸運にも破裂寸前で切ってもらえました。

身体の状態が悪かったのか、その後も高熱が続き、
傷口が閉まらず、やっと創がついたのは3ヶ月後。
ですから、きれいな傷ではないし、そこだけすごくへこんでいます。
そっと触っても、すごく嫌な感じがして思うようには触れらえませんでした。
開腹手術は必然的に腸も癒着しますから、そのせいもあったのかもしれません。

でも、マスタークレンズの8日目頃から回復食が終わるまで、
その創が引っ張られて開くような感じと痛みが頻繁にあって、
つらくて、昼間でも横になるときがありました。

それも普通食になってからは、さほど気にならない程度まで落ち着きました。

普通食を数日してみて、マスタークレンズ中のあの爽快感がなくなってみると、
あの時に感じていた身体の軽やかさがどうしても欲しくって、
今すぐにでもできそうな断食がないかネットで探しました。

その中に朝食を抜くタイプのものがあり、試しに数日やってみると、
虫垂炎の傷跡のところに、結構な痛みと嫌な感じが続きました。
マスタークレンズ終盤に感じたあの痛みや嫌な感じと全く同じものでした。

その断食について書かれた本を注文していたのですが、
そこにはこんな記載がありました。

「たとえば、過去に虫垂炎(盲腸炎)を起こして手術した人が断食を行うと、
その部分が断食中に痛むということもよく起こります。
これは盲腸炎の手術で発生した腸の癒着が断食に自己融解ではがれたわけで、
それによって一時的に痛みがもたらされます。」

P79より抜粋

お腹の中を開けてみたわけでもないので、これが本当かどうかはわかりません。
ただ、マスタークレンズは、多分、自分に合っていた方法で、
腸の状態を、以前よりもよい状態にしたのではないだろうかという思いでいます。

最後に

マスタ-クレンズには賛否両論あるし、
期間についても、3日くらいでも効果があるという人もいれば、
最低でも10日間は続ける必要があるという人もいます。

根拠がはっきりしない部分もあるし、向き、不向きもあるし、
その人自身のスピリチュアルなものへの指向性の有無も大きく影響すると思うので
簡単に勧められる性質のものではありません。

ただ、実際にやってみた者として言わせてもらえば、
やる前とやった後では、世界が少し違って見える気がします。

それがよいかどうか、正常かどうかは別として、
自分の身体への感覚の変化は、
身体の外の世界の認識や時間の認識にも影響しているのだと感じています。
私自身はこの変化をとても興味深く感じているし、
こうした毎日をとても楽しんでもいます。

*******************************************

追記 2015/11/12

検査のデーターですが今年の五月にたまたま検査したものと比べると

γ-GTP high → 正常へ
中性脂肪 high → 正常へ
LDL-コレステロール  high → high のまま

 

でした。

ちなみにマスタークレンズだけでは、腹位はあまり変わりありませんでした。
見た目もあまり変わらないのか、誰も体重が落ちたとは気がつきませんでした。
10日ほどのドローインで腹位が10cm減って、メタボ予備軍から非該当になりました。

最近は口にするものがそれほどには美味しくなく(なんて、贅沢なことでしょう)、
メープル入りレモネードが無性に飲みたくなってしまうことがたまにあります。