マスタークレンズは最初から10日間と決めていました。

朝、4時半に起きて、塩水を飲み、あと50mlほどで終わる♪
というときに、緊急のお出ましの合図。
コップを置く余裕もなくて、トイレに駆け込むとそのままフラッシュ。

それが今までになく臭いフラッシュで、
出てくれてよかった・・・としみじみ思いました。

そして、ここで一休みしてしまったら、きっと飲みきれなくなるような気がして、
便座に座ったまま残りの塩水を飲み干しました。
「やった~!」というガッツポーズすらできないまま、またフラッシュ。

4~5分おきに6回。
出てくれるのはとても嬉しいけれど、忙しすぎます。
でも、最後のはやっぱり飲み終えてから1時間半後。
そのときには透明で淡い黄色の液体のみ。

大きな間違いかもしれないけれど、
「終わった!これでもう、山は越えた!」と思いました。

スポンサーリンク

身体の臭いのは、やっぱり臭くて、自分でも嫌になります。
ただ、それよりもつらかったのが左の前腕がものすごく痛いこと。
何をするにも痛くてだるくて、しょっちゅう叩いていました。
そうすれば、痛みがごまかせるので・・・。

そういえば金曜、土曜の草むしりで、左手の軍手は穴が開いてしまいました。
自分では全然気がつかなかったのですが、
左手は相当、無理をして働いてくれていたのかもしれません。
この痛みはそういうことなのだろうなという気がしています。
そんなわけで、あくせくせずにゆっくりと過ごすことにしました。

という、このこと自体が私にはびっくりなことで、
いつもなら、自分を甘やかすな!みたいにがむしゃらに何かをするのですが、
どうもそういう気になれません。

とにかく自分に厳しく、甘えないで、何事もきちんとする
というようなところが部分的にあって、
そのせいか、帯状疱疹を繰り返して、顔は顔面麻痺が軽く残っています。
疲れがたまってくると不整脈も起こします。
おそらくそのために、無症候性のびまん性の脳梗塞を起こしました。
突発性難聴は左も右もやりました。

いろいろな事情で、がんばらないといけない状況は
長いこと続いてはいるのですが、
自分の身体を省みる時期なのだろうという気がしていたし、
子どもたちをもうしばらく守るためにも、
そして、子どもたちの迷惑にならないためにも・・・と始めた
糖質制限とマスタークレンズでした。