マスタークレンズで一番心配なのがソルトウォーターフラッシュ。
とにかく、お腹の中を空にしておく必要があります。

マスタークレンズの前日

苦しい思いをして、失敗・・・というのは絶対に嫌なので、
前日は朝は軽いパン食、昼はレトルトのおかゆ2袋、
夕方は学校の関係でほかのお母さん方とパンケーキとブラックティーをいただきました。

そして、寝る前はミントティー。
検討もつかないも朝を迎えるので、
とにかく早く寝ることにしました。

朝、動けなかったらごめんなさいね~という話を家族にすると、
子どもたちはすんなりOKでしたが、主人は「いーよ、いーよ(怒)」とオカンムリでした(^^;)

スポンサーリンク




マスタークレンズ、初日

初日のマスタークレンズはソルトウォーターフラッシュが怖くて、
何度も目を覚ましましたが、結局、朝、3時に起きました。

もしもに備えて、失禁用のパンツ型おむつ。
さらに失禁用のパッドをつけて、こちらの準備も済ませ、
16分ほどかけて、たまに戻しそうになりながら、
必死に塩水を飲みました。

飲めたけれど、やった!という達成感などはなく、
これからくるかもしれないトイレ攻撃に戦々恐々でした。

飲み終わって約20分後。
第一陣は固形物の後に一気に水様のものが出ました。
その後も、もう一度、水様のものがありましたが、
初日はそれで終わりました。

お腹の痛みは全くなく、
でも、爽快感もありません。
とにかく、終わったという感じ。

あとはレモネードをひたすら作り、なんとか5杯を飲んで終了。
空腹感はそれほどないし、
空腹感も飢餓感まで進行しないのが不思議でした。

なので、空腹感を放っておけば、そのままでいられます。
固形物を食べたい気持ちもほとんどなく、
自分の身体に起きている妙な変化がおもしろく感じられた1日でした。