konnpeitou.jpg

糖質オフをちょっとでもやってみると、実感をもってわかるのですが、
世の中、本当に糖質だらけ。
なので、買える物が少なくて・・・
今まで、どれだけの量の糖質を毎日取っていたんだろうと思います。

スポンサーリンク




糖質制限中の食事で、食べられない系のものといえば
麺類、丼ものやカレーなどの一品もの、煮物(砂糖やみりんを結構使うので)、
パン・ピザ/お好み焼き系だと思います。

そんな生活のサポートに役だったOK食品、BEST3を挙げたいと思います

糖質制限サポート食品 Best3

ラカント、エリスリトール 砂糖の代わり

lakanto.jpg

ラカント(エリスリトールとラカンカエキス)は自然の甘味料なので、
(中にはアレルギーが出る人もいるようです)
比較的安心して使えます。

同量だと、砂糖よりはやや甘みが薄い感じでしたが、
この軽めの味わいも悪くなく、おからクッキーや卵焼きにはよく使いました。
いろんなお店で売っていて、入手しやすいのですが、
高いし、すぐになくなるので、通販でエリスリトールを購入すると便利です。

erythritol.jpg

糖質0麺 これで麺類?が食べられる

麺類はいわば糖質のカタマリ。
しばらくは糸こんにゃくと仲良くするしかないのかなと思いました。

(春雨にすれば~と考えている人もいるかと思いますが、
春雨の原料はデンプン。
ヘルシーなイメージがありますが、糖質制限中はNGな食品です。)

でも、たまたまスーパーに行ったら、おから麺が!しかも値切り品♪
結構なお値段だから、みんなあまり買わないのかも・・・。

okaramenn1

味はというと、すごく美味しかったです。
ホント、生き返った。

最近では別メーカーですがそば風、うどん風、ラーメン風の糖質ゼロ麺が
ひとつ100円程度で売られていることがしばしばあって、
食欲のない時期は、こうした糖質ゼロ麺でしのいでいたこともありました。

ローソンのブランパンシリーズ

 

実は、私、あまりコンビニは利用しません。
高いから。
でも、今回ばかりはローソンに10日に1度は足を運んでました。

こんなにコンビニが身近だったことは、未だかつてなかった・・・。
後半は、ご飯党の私もパンが食べたくなって、
ブランパンシリーズは本当にありがたい存在でした。

糖質制限中でも、パンが食べられるのも嬉しいのに、
多くの商品が小分けして食べられるようになっているし、
パンケーキ(3枚入り)は開封した袋を閉じるためのシールがついていて、
こんな配慮もすごく嬉しいものでした。

ローソンの低糖質おやつとともに、
「明日はもうやめよう。」という気持ちをなだめてくれる
美味しくて、貴重なアイテムでした。

冷静に考えれば、一般のパンに比べて、値段はとても高いんですが、
それでも、高いとは感じないおいしさとありがたみがありました。
ほかにも、お役立ち商品はあると思うのですが、
私の中ではこの3つがダントツでした。

糖質制限サポート食品 番外編

これは食品とは少し違うので番外編になるのですが、
私の糖質ちょいオフ→ガチオフに欠かせないものとして、
イージーファイバーを挙げたいと思います。

糖質制限をすると、十分な食物繊維を取るのがとても難しいことに気がつきます。
食物繊維を取ろうとしても、葉物野菜ではそれほど多くの食物繊維は取れません。

アボカドやおから、ローソンのブランパンシリーズを食べれば、
女性の場合の目標量18gを比較的楽に取ることができます。

ただ、毎日、おからやアボカドを食べるのは、それほど楽ではないし、
ブランパンシリーズも毎日、というわけにはいきませんでした。

それで、イージーファイバーを1~2本、お茶に溶かして飲んでいました。
1本で4.2gの食物繊維が取れますから、2本で8.4g、
アボカドひとつで5gほどで合わせて13g。

イージーファイバーのおかげなのかわかりませんが、
糖質制限中は便秘に悩んだことは一度もありませんでした。

さらに番外編

本当は後半、毎日食べ続けていたアボカドも、
サポート食品としてあげるべきなんですが、
一生分のアボカドを食べた感があって、気持ち的にランクインさせられませんでした。

また、マイブームで<がんもどき+豆乳ヨーグルト>にはまリました。
世の中、グラノーラブームで、ああいうカリカリしたものが無性に食べたくなると
がんもどきを小さめに切って、グリルでカリカリに焼いたものに
豆乳ヨーグルトをかけて食べるという、なんちゃってグラノーラです。

焼きたてでないとカリカリ感が失われてしまうので、
ホットな状態で食べるしかないのですが、それでも美味しかったです。

江部先生のブログには記事欄にもコメント欄にも参考になる情報がたくさんあるので、
(たとえば、油揚げをピザの台として使うとか・・・
私にはちょっと合わなかった 涙)
そうした中からも取捨選択して、自分に合ったサポートアイテムを探すのも
また、楽しいと思います。